一般的な家庭で、人が一生のうちに洗濯物をたたみ、仕分け、運んでいる時間は計9000時間、375日にも上るといわれています。その省力化を実現する、AI搭載ロボットが注目を集めています。
その仕組みは、洗濯した衣類を自動的にたたんで分類するというもの。AIが衣類の形を識別し、ロボティクス技術で適切に折りたたんでくれます。さらには着用者が誰であるかといった条件でも仕分けをしてくれる優れもの。
大変な洗濯物たたみから解放される日も近いかもしれません。

©セブンドリーマーズ