子育てのために移住する人も多いこの頃。では、移住先の教育制度は確認していますか?
家族連れにとって、子どもの教育は大きな関心事。ユニークな教育に力を入れている自治体をご紹介します。

鹿児島県薩摩川内市では、東シナ海に浮かぶウミネコ繁殖南限の甑(こしき)島で、留学生を受け入れています。1年間、豊かな自然の中で、ウミネコへの餌付け、定置網、恐竜化石発掘などを体験でき、海に囲まれてる地域ならではの教育制度が整っています。

長野県下諏訪町では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力による宇宙教育が行われています。事業支援や講師派遣、さらには「宇宙教育指導者セミナー」も開催されています。

広島県安芸太田町では、射撃部がある地元の高校とともに、小・中学生がライフル射撃を体験できます。町内には国体の競技に出場した選手が多いことも特徴です。

ユニークな教育制度から、将来の移住プランを考えてみては?