空を茜色に染める夕日。特に秋の空は空気が澄み、夕焼けが美しく見られるといわれています。
日本全国の絶景夕日スポットから、厳選された3選をご紹介します。

新潟県弥彦山は、日本海側に面している標高634mの山で、東京スカイツリーと同じ高さとして知られています。ロープウェイで気軽に山頂まで行け、山頂からは日本海に浮かぶ佐渡島や越後平野が夕日に照らされる美しい眺望を楽しめます。

滋賀県の面積の1/6を占める、日本最大の湖・琵琶湖。NPO法人日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会が選ぶ「日本の夕陽百選」にも選ばれており、様々な場所から美しい景色を楽しませてくれます。夕日を眺めるとしたら、北側がおすすめ。大海原のような広大な湖と夕日の雄大な絶景を見ることができます。

南北2.4km、東西16kmに広がり、高低差は最大90mもある、日本最大級の砂丘・鳥取砂丘。「馬の背」と呼ばれる砂丘の頂上から見る、日本海側に夕日が沈んでいく光景は格別です。日本離れしたその情景を写そうと、全国各地から多くの夕日愛好家も訪れています。

四季などの美しさを記した日本最古の随筆『枕草子』でも、清少納言が「秋は夕暮れ」といった通り、特に秋に美しい夕日。
限られた時間にしか見られない奇跡の美しさを、あなたもその目に焼き付けてみては。